スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法月綸太郎『誰彼』 

誰彼(たそがれ) (講談社文庫)誰彼(たそがれ) (講談社文庫)
(1992/09)
法月 綸太郎

商品詳細を見る
(ノベルス版は1989年)

「客観的」評価 :★★★★★★★☆☆☆
   偏見評価 :★★★★★★★★☆☆
  キーワード :若さ故の過ち

     本格度 :★★★★★★★★
     ロジック :★★★★★★
     トリック :★★★★★
     意外性 :★★★★★★★
     緊迫感 :★★★★★★★
    読み易さ :★★★★

<あらすじ>
謎の人物から死の予告状を届けられた教祖が、その予告状どおりに地上80メートルにある密室から消えた!   そして4時間後には、二重生活を営んでいた教祖のマンションで首なし死体が見つかる。死体は教祖? なぜ首を奪ったか? 連続怪事の真相が解けたときの驚愕とは? 新鋭の骨格豊かな力作。
(裏表紙より)

続きを読む

スポンサーサイト

法月綸太郎『雪密室』 

雪密室 (講談社文庫)雪密室 (講談社文庫)
(1992/03)
法月 綸太郎

商品詳細を見る
(ノベルスは1989年)

「客観的」評価 :★★★☆☆☆☆☆☆☆
   偏見評価 :★★★★☆☆☆☆☆☆
  キーワード :古典への挑戦

     本格度 :★★★★
     ロジック :★★★
     トリック :★★★
     意外性 :★★★★
     緊迫感 :★★★
    読み易さ :★★★★★

<あらすじ>
誇り高い美女からの招待で信州の山荘に出かけた法月警視だが、招待客が一堂に会したその夜、美女が殺される。
建物の周囲は雪一色、そして彼女がいたはずの離れまで、犯人らしい人物の足跡もついていないのだ。
この奇怪な密室殺人の謎に法月警視の息子綸太郎が挑戦する、出色本格推理。
(裏表紙より)

続きを読む

法月綸太郎『しらみつぶしの時計』 

しらみつぶしの時計しらみつぶしの時計
(2008/07/23)
法月 綸太郎

商品詳細を見る


「客観的」評価 :★★★★★★☆☆☆☆
   偏見評価 :★★★★★★★☆☆☆
  キーワード :アイロニー、論理パズル

     本格度 :★★★★★★
     ロジック :★★★★★★
     トリック :★★
     意外性 :★★★
     緊迫感 :★★★
    読み易さ :★★★★★★

<あらすじ>
無数の時計が配置された不思議な回廊。その閉ざされた施設の中の時計はすべて、たった一つの例外もなく異なった時を刻んでいた。すなわち、一分ずつ違った、一日二四時間の時を示す一四四〇個の時計――。正確な時間を示すのは、その中のただ一つ。夜とも昼とも知れぬ異様な空間から脱出する条件は、六時間以内にその“正しい時計”を見つけ出すことだった!? 神の下すがごとき命題に挑む唯一の武器は論理(ロジック)。奇跡の解答にはいかにして辿り着けるのか。極限まで磨かれた宝石のような謎、謎、謎! 名手が放つ本格ミステリ・コレクション!
(表紙折り返しより)

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。